オフィスを賃貸する時に気をつけたいポイント

起業してオフィスを賃貸する時は住居用物件以上に慎重に選ぶことが大切です。利益が不確定な状態で借りることになりますから経営の負担となる賃料の物件を借りることは無謀ですし、そうかといって立地や面積、設備面を無視することはできません。効率的により良いオフィスを賃貸するためには、候補となるエリアの家賃相場を調べて候補地を絞ってから具体的な物件探しをするのが良いでしょう。
そして候補物件が絞り込めたら実際に目で見て納得の行くまで比較検討することが大切です。また、不動産会社選びも重要です。不動産会社によって契約に必要な費用が異なりますし、一般に出回っていない物件を紹介してくれるケースもあります。初期費用を節約してより良い物件を探すためには不動産会社選びも大切なポイントです。

物件を選ぶ時に確認しておきたいポイントとは

オフィスを賃貸する時にまず初めに決めなければならないのはエリアですが、これは働き方によって異なります。例えば、通販会社など営業に出向くこともお客様が来社することも少なければ駅から遠くても構いませんが、人の出入りが激しい場合は駅からの距離がポイントになります。設備面においては個別の部屋以外に共用部分や入居者のルールの確認も必要です。
エントランスがきちんと清掃されているか、ゴミ集積場がきれいかなどを確認することで管理体制や入居者の質がわかります。忘れがちなのがトイレの確認です。トイレが共用なのか個別なのか、男女別になっているかなどは人材募集時に影響する場合があります。また、耐震基準についても確認しておいたほうが良いでしょう。新耐震基準にこだわる必要はありませんが、災害発生時における安全を確保するためにも建物の耐震性についてしっかりと説明を受けることが必要です。

不動産会社を選ぶ時に注意したいこと

より良い物件を探すためには不動産会社選びも大切です。物件はインターネットで一般に入居者を募集している物件だけではありません。比較的小規模な事務所の場合は地域に密着した不動産会社が管理している場合もあります。オーナーから管理を任されている不動産会社なら賃料交渉もスムーズに行えます。大手と違い保有する物件数は少ないかもしれませんが、条件が合う物件が見つかるかもしれません。
エリアが決まったら足を運んで、複数の地元の不動産会社に相談することが大切です。ただし、その場合は入居者審査の一環としてマナーや人柄がチェックされていると考えるべきです。特に起業時は実績がないために人柄やマナーが重視されます。身なりや言葉遣いに注意して好印象を与えるよう心がけることを忘れないようにしましょう。

賃貸オフィス東京.comでは仲介手数料0円で物件探しをお手伝いしています。 賃貸オフィス東京.comでは賃貸オフィスをお探しの借主様から仲介手数料を頂きません。 早稲田通り沿いの大型オフィスビルの5階にあります。 お客様にご負担頂くのはご成約時の契約書類作成費用のみです。 賃貸オフィス東京.comでは都内最大級の物件数21万件の情報の取扱いがあります。 オフィスの賃貸のご相談は賃貸オフィス東京.comへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

賃貸オフィスは路線で相場が変わる

貸し事務所の事を賃貸オフィスと言います。貸し事務所を借りる時には保証金や前家賃、仲介手数料などの初期費用が必要になります。初期費用はある程度確保しておかないと貸し事務所を利用出来ないわけです。また、家...