賃貸オフィスは仲介手数料等の初期経費が掛かるので把握しておく

これから会社を設立しようと考えている人は、事業を行う場所を選ぶことが必要になります。一人で仕事をしているという場合には、自宅兼事務所やSOHOという選択肢もあります。また、都心部などではレンタルスペースなどを利用して開業することも考えられますが、会社の社員の人数がある程度いる場合には、きちんと事務所を借りるようにしたほうが良いでしょう。 借りたい物件を探している場合、まずは事務所などの物件を取り扱っている不動産業者に相談することから始めることになります。実際に借りるときには契約時に初期費用が必要となるので、どの程度の費用が発生するかをしっかりと把握したうえで物件を選ぶことが重要です。また、毎月支払う賃料も会社の経費として事業の利益に影響してしまうので、どの程度支払うことが可能かをきちんと決めておく必要があります。

仲介手数料などの初期費用を用意しておく必要がある

企業をするときには事務所を開設する賃貸オフィスを探すことから始めることになりますが、業種によって開業するのに向いている場所などがあるので、自分が開業する業務に応じてよい場所を探す必要があります。初めて開業するときには、できるだけコストを抑えるために専用スペースが小さめのものがよいでしょう。賃貸するうえで最初に用意しておく必要がある費用としては、敷金や礼金、不動産会社への報酬である仲介手数料などが必要となります。大体、借りる物件のひと月あたりの賃料の4から8ヶ月分は支払うことになります。 敷金や礼金などは物件によって異なっており、新築物件などは高めに設定されている傾向にあるので、資金に余裕があまりない開業当初は、築年数が経過しているところを選ぶと費用の節約になります。

無駄のないように物件を選ぶと経費削減になる

都心部など賃貸オフィスが多いエリアでは、いろいろな広さの物件があり、家賃も幅広くなっています。駅から近い場所にあるオフィスなどは比較的賃料は高めに設定されていますが、仕事をするうえでは便利です。不動産会社には賃料の数か月分を仲介手数料として支払うことになりので、営業担当者は少しでも高い魅力的に見える物件を紹介してきますが、見た目に騙されることなく無駄のない物件を選ぶことが重要です。 賃料は業務上の経費であり、できるだけ少ない方が業務上の利益が大きくなるので、会社の社員の人数に応じて無駄がないように選び、業務を拡大して社員を増やすようなときに、広い物件に移転するようにするとよいでしょう。定期的に移転をすることで気持ちも新たに仕事を進めることができます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

賃貸オフィスは路線で相場が変わる

貸し事務所の事を賃貸オフィスと言います。貸し事務所を借りる時には保証金や前家賃、仲介手数料などの初期費用が必要になります。初期費用はある程度確保しておかないと貸し事務所を利用出来ないわけです。また、家...